読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てをデザインするブログ

子どもと楽しむ衣食住+αの情報をお届けします

食育におすすめの絵本「やさいのおなか」

これ、何かわかるでしょうか?

やさいのおなかの1ページ目

めっちゃタイトルに書いてあるのでバレバレですが…。

「ねぎのおなか」です。

やさいのおなかとは野菜を輪切りにした姿。

かぼちゃやキャベツあたりはスーパーで売っている姿と同じなので簡単ですが、このねぎやさつまいもなんか子どもだけでなく大人にとっても難題です。私自身、何度読んでもちょっと間をおくとすぐに忘れてしまうので、子どもと2人で当てあいっこするのが楽しいです。(むしろ記憶力のいい子どもの方がよく当てていたり…)

子どももこれを読んでから料理中に野菜を切るのを見ようとやってきたり、野菜にすごく興味をもっている様子です。

何より、いつも当たり前のように目にしているものを違う角度から見る経験をするのは大切なことだと思います。そういう面でもこの絵本はとてもオススメです。

やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)

やさいのおなか (幼児絵本シリーズ)

 

同じシリーズで「やさいのせなか」と「くだものなんだ」というものもあります。「読み聞かせ」ではなく、子どもと双方向のやり取りの出来るよいシリーズです。

やさいのせなか (幼児絵本シリーズ)

やさいのせなか (幼児絵本シリーズ)

 
くだもの なんだ (幼児絵本シリーズ)

くだもの なんだ (幼児絵本シリーズ)