読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てをデザインするブログ

子どもと楽しむ衣食住+αの情報をお届けします

土屋鞄のランドセルのお店に行って値段、色など体験してきました!

工房系ランドセルと言えば「東の土屋、西の山本」といわれる程の人気が高くて、品質がよい土屋鞄。シンプルながら細部にまでこだわったデザインの美しさには定評があります。

工房は軽井沢にありますが、他の工房と比べて全国にお店があるので直接手にとりやすいランドセル工房です。

と、思っていたのはつかの間…
6月某日、土屋鞄の大阪・童具店はこの通りの賑わい。

f:id:harukays:20160706065700j:plain

場所は梅田スカイビルの近く。決して交通の便がよいとは言えないのですが、子ども連れの親子が文字通りお店から溢れています。

f:id:harukays:20160706070240j:plain

お店の外観がとても素敵なのですが、その雰囲気を楽しむより店内に混雑っぷりにビビってしまいます。

そして、入店。店内は歩くのもままならない程の人。ランドセルを手にとろうにも誰かが背負っているので、壁にほとんど掛かっていない状態。キッズスペースでは連れてこられた兄弟たちがすし詰めになっており、その前では同じく連れてこられたパパさんとおばあちゃんたちがグッタリしています。

なんかのバーゲンみたいな惨状ですが、まだ販売前なんですよね...。

やはり工房系のビッグネームだけあって、土屋鞄にするかしないかは置いといて、とりあえず一度は見ておこうと思われる方も多いのでしょか。

f:id:harukays:20160706071150j:plain

さて、肝心のランドセルですが、噂通り他に比べて小ぶりな作りです。そして、噂通り美しい。

「親が惚れるランドセル」と言われているの、多いに納得です。

特に牛革のランドセルが美しい。私は、鞄の専門家でもないし、ランドセル選びを初めて間もないので何がどうっていうのはわからないのですが、他のランドセル工房が機能や子どもの背負いやすさを重視しているのに対して、土屋鞄は見た目の良さを重視しているのでは、という印象を受けます。

f:id:harukays:20160706071711j:plain

コードバンはあまり人気がないのか、壁にたくさん掛かっていました。

f:id:harukays:20160706072053j:plain

お値段はやはり他の工房と比べて高めの印象です。カラー展開が豊富で、土屋のランドセルのメインの商品であろう、牛革プレミアムシリーズが70,000円。

プレミアムじゃなくてもいいし、牛革じゃなくてもいいからもう少しお安いラインはないのか...という思いは虚しく、豊富なカラー展開をしているのは牛革プレミアムだけなので、色に惚れてしまうと自ずと70,000円コースになってきます。

f:id:harukays:20160706072703j:plain

しっかし、綺麗な色です。

f:id:harukays:20160706072831j:plain

アトリエ・クラリーノというかぶせの内側におしゃれなデザインが施されいるシリーズもあり、こちらもなかなかお洒落でした。(内側の写真がなくてすみません)

f:id:harukays:20160706073033j:plain

もともと土屋鞄は候補に入っていなかったのですが、その色味の美しさにすっかり魅了されてしまった私。心がだいぶ傾いております。

この色味はカタログやウェブサイトではなく、実際に見てみたが絶対よいと思うので、ぜひお店に足を運んで見てください。土日はまともに見れないほど混んでいるので、できれば平日に。