読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てをデザインするブログ

子どもと楽しむ衣食住+αの情報をお届けします

6月!工房系ランドセル2017年度の陣、始まります!

年長の娘がいる6月。いつもの6月とは違います。そう、いよいよ2017年度のランドセル選びが本格的に始まります。

f:id:harukays:20160608070821j:plain

必要になるのは来年の4月やん!と思うことなかれ。次年度のランドセルの受注はだいたい6~7月に受付がはじまり、人気のカラーは7月中に売り切れてしまいます。9月ともなると、売れ残りの色から選ぶことになりかねません。お盆の帰省時におじいちゃんおばあちゃんに買ってもらおうとおもっていては遅いのです。

そもそも、ランドセル選びにおいて一番大切なのは「子どもが6年間安心して持てること」なので、周りと比べて高すぎたり安すぎたり派手すぎて悪目立ちするのはNG。地域によっては市が配布してくれるところもあるそうなので、まずは地元の子どもたちがどのようなランドセルを持っているのか知ることが最優先です。

f:id:harukays:20160610063922j:plain

しかし、その上で「子育てにデザインを」と謳っている当ブログが推すのはやはり工房系ランドセル。

工房系の雄「土屋鞄」や関西屈指の知名度「鞄工房山本」、皇族御用達「大峡製鞄」など。色々あって目移りしますが、買えるのはたった一つ。どうせなら一番気に入ったランドセルを買いたい!ということでシリーズでお届けします。ランドセル2017年の陣。

 池田屋のランドセル。品質がよくお手頃価格です。

mikihouseのランドセルは鞄工房山本製。高い!

ビーミングビームスは「ララちゃんランドセル」の羅羅屋製。

まずは資料請求をしよう!主なランドセル工房のリスト

資料請求をしたら実際に見に行こう!ランドセル工房の店舗と出張展示会の情報in関西

 実際にお店に行ったレポート

池田屋 
中村鞄 

harukays.hatenablog.jp