読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てをデザインするブログ

子どもと楽しむ衣食住+αの情報をお届けします

ラプンツェルのキャラ弁

私は自他共に認める料理嫌いで、たまにある保育園の弁当日には仕事を休んで弁当回避をすることもある位ひどい母親なんですが、とうとう手を出してしました。キャラ弁当。

というのも昨年の遠足の時、他のママさん方の「弁当なんか適当適当!」「仕事してるのに可愛いの作ってられへんわ」という言葉を真に受けて超茶色弁当を持たせた結果、一人ずつ弁当を持って写っている写真をクラスに貼り出され、しかも他の子は皆可愛らしいキラキラキャラ弁だったという辱めを受けた事があったからです。

反省を活かして、今年は必死こいて作りました。

テーマはラプンツェル

まず、画像を検索してこちらを参考にさせてもらうことにしました。

この方、ラプンツェル弁当のみならず様々なデコケーキや弁当を投稿されております。どれもこれも神懸りなクオリティです。こんな母親の子どもに私もなりたい。

これをもとに設計図を作り、何のパーツを何で作るか検討。

そして、買い出しです。

セリアでピックや抜き型、バランを購入して、のりパンチも探したのですがよい型がなく。思い切って本気のを買いました。これはパーツがすごく合理的に考えられており、組み合わせ次第でどんな顔でも作れてしまえる優れものです。

のりパンチで百面相の作成例 こんな感じ

次はパスカルの顔の緑をどうやって表現するか悩みどころでした。

ご飯に色をつけるためのデコふりかけなるものがあるのを知ったのが遠足の前日で、近くのスーパーを探し回りましたが売っていませんでした。これは便利そう。

どうしようかなぁって思っている時に、このような素晴らしい記事を発見しました!「緑色おにぎり実験」。そしてしあがり。

ラプンツエルのキャラ弁当

パスカルの顔は枝豆を潰して塩と混ぜたご飯。ラプンツエルの髪は玉子焼きで、お花はチーズとハムです。セリアの「デコ弁キット」というやつで抜いています。パスカルの目はストローでやろうかと思ったのですが、小さすぎたのでデコ弁キットの楕円のやつで2回抜いてごまかしました。

見た目にこだわりすぎたせいで、「何が一番美味しかった?」と聞くと「みどりのおにぎり!」と娘に言われる体たらくっぷりでしたが喜んでくれて良かったです!