読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てをデザインするブログ

子どもと楽しむ衣食住+αの情報をお届けします

子連れで金沢アートの旅

北陸新幹線の開通を目前にして、注目を集める金沢。

金沢駅の広告「新幹線が春を連れてやってくる」

コンパクトで観光しやすいのに観るものが豊富で、しかもご飯が安くて美味しい。週末旅行の行き先としては、ほぼ完璧。
関西在住の私は、特急サンダーバードで一本で行けるという利便性の良さもあって何度も訪れているのですが、何回目でも「また来たい!」と思わせる魅力をもっている街です。

ただし、そんな魅力を感じているのは大人に限った話のようで。日本三大庭園である「兼六園」や前田家ゆかりの「金沢城」、風情のある街並みが残る「ひがし茶屋」など、大人の琴線刺激しまくりな金沢の観光地も子どもにはつまらないだけ。うちの子どもは終始「早くホテルに帰りたい」と言っておりました。

そんな反省点を踏まえた上で、私が子連れで金沢に行く方におすすめしたいのが、歴史的なモノは諦め「アート」をメインに楽しむ旅。

言ってしまば

21世紀美術館中心」です。

勝手にオススメする子連れで金沢一泊二日コース

【Day1】

金沢駅

日本で唯一「世界で最も美しい駅14選」に選ばれた金沢駅。まず駅に降り立ったらその美しさを堪能しましょう。

金沢駅の美しい天井

柳宗理記念デザイン研究所

柳宗理氏がデザインしたプロダクトを実際に見て触れて、魅力を堪能できる施設「柳宗理記念デザイン研究所」。金沢美術工芸大の施設ですが、一般の見学も可。入場無料。月曜日が定休日。子どもにとっては少々退屈かもしれませんが、展示室自体がそんなに広くないのでサクっと観て回れます。

金沢美術工芸大学 -柳宗理記念デザイン研究所-のサイト

柳宗理記念デザイン研究所の外観

近江町市場

魚、蟹、野菜など「THE市場」的商品を扱うお店だけでなく、お菓子、惣菜、衣料品などだいたい何でも揃っています。陳列が綺麗。コロッケや果物スティックなどを食べ歩きしながら楽しめます。早朝からオープンしているため店じまいも早いので要注意。飲食店は夜まで開いています。観光客向けの価格設定ですが、そんなに高くないので、私はいつもこちらのお寿司屋さんや食堂で食事をとっています。

近江町市場の八百屋の美しい陳列

市場なので子どものトイレ事情が気になるところですが、近江町いちば館4階に「金沢市近江町交流プラザ」という地域の方のための児童館な施設があり、おむつ替え設備や授乳室、子ども用便座まで完備されています。

巨大なプレイルームもありますので、ここで夫に子守を任せて徒歩2~3分の距離にある「金沢 加賀麩不室屋 不室屋本店」や「九谷焼窯元 順風堂」、「加賀人形と金沢の郷土玩具:中島めんや」に走っておみやげを買うのも手です。

金沢市近江町交流プラザ詳細 - 近江町市場のサイト

金沢21世紀美術館(夜)

言わずと知れた金沢の顔。日本一有名な美術館といっても過言じゃないかもしれません。展覧会ゾーンは18時までですが(金・土曜日は20時)交流ゾーンと呼ばれる外側の部分は22時まで開館しています。夜は、昼間のごった返し状態と違って人がほとんどいないので、交流ゾーンをゆっくり味わえるし、スタジオ風な子どもの写真もたくさん撮ることができます。ミュージアムカフェで食後のお茶をするも良し。夜の美術館、とてもワクワクします。

夜の21世紀美術館で遊ぶ子ども

金沢白鳥路ホテル

夜の21世紀美術館近辺でタクシーを拾うのは困難で、バスもほとんど走っていない時間帯なので、歩ける圏内のホテルがよいかもしれません。そいういう意味では、21世紀美術館から大人の足で12~5分くらいかかるこちらのホテルはギリギリって感じなのですが、値段の割には館内が豪華だし、サービスも良く、朝ごはんが美味しいし、温泉もあるので我が家の定宿となっています。館内に飾られている箔彩や九谷焼などのアートを楽しめるのもポイント。

 

【Day2】

金沢21世紀美術館(昼)

翌日は21世紀美術館の展示ゾーンを楽しみましょう。何の展示をやっているかはウェブサイトでご確認を。月曜日が休館日なので要注意です(交流ゾーンは休館日でも入ることができます)


かの有名なプールはマストです。

21世紀美術館のプール

金沢県立美術館

21世紀美術館近くのこちらの美術館にも足を運んでみましょう。展示を見学するかどうかはお子さんのテンションと自分が興味あるテーマかどうか次第で。3/6~3/20までは九谷焼みたいですね。個人的にめっちゃ見たい…。

展示を見ない場合何が目的かというと、こちらのミュージアムショップ。金沢の伝統工芸が色々並んでいるので面白いです。そしてミュージアムカフェ。かの有名パティシエ辻口博啓氏のお店です。美しい空間で美味しいケーキを食べて、金沢土産もこちらで買えます。

ル ミュゼ ドゥ アッシュのケーキ

石浦神社

21世紀美術館の目の前の神社です。

石浦神社の外観

一見なんの変哲もない神社です。境内に入ってもいたって普通の神社ですが。お守りがすごく種類豊富でしかもオシャレです。水玉とかボーダーとかバーバリーチェック風とか。お守りだけに写真を撮りづらかったので、よかったらサイトで見てみて下さい。

お守り・お札、絵馬 - 石浦神社|石川県金沢市

 

以上、子連れで金沢を楽しめるプランをご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?食事の部分を割愛していまいましたが、駅ビルの寿司屋とか近江町市場の寿司屋とかにプラッと入っても美味しかったです。観光客向けの店は大抵子ども椅子と子ども用食器は用意してありますので、ディープすぎるところでなければ子連れでもOKです。本気で美味しい店を調べて行きたい!という方はこちらのサイトなどがおすすめです。