読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てをデザインするブログ

子どもと楽しむ衣食住+αの情報をお届けします

子持ちの友人がスタジオアリスの写真年賀状を送ってくる理由

f:id:harukays:20141211141408j:plain

私が子無し時代、いや子供が生まれてもなお疑問だったこの「親バカ」行為の原因を追求すべく、スタジオアリスに潜入してまいりました。(ま、簡潔にいうと娘の七五三撮影です)

スタジオアリスって普通に「8万使った」とか「ボーナスが入ったのでスタジオアリスに行く」とか聞くので、どんだけ金かかるんだよ…とずっと遠まきに見ておりましたが、お参り前に着付けとかメイクとかして欲しかったので今回お願いすることに。

ビビリの私達夫婦は事前にネットで色々調べて、「結局何が欲しいって”写真データ”だね」ってことで最小限の出費でデータを沢山もらう方向性を確認。

 スタジオアリスは撮影してから1年後じゃないと写真データはもらえません。そして、撮影時にお買い上げした写真のみデータを保存しときますよってシステムなので、気に入った写真があったらその場でまず買っておかないといけません。

が、しかし、写真のお値段(一枚あたり)

L版 1500円!
2L版 3000円!!
四つ切フレーム 8400円!!!

高!たか!1枚2枚ならともかく、数買えないです。
しかしそこは上手くできたもので、我が家のような庶民向けに600円ほどで買えるキーボルダーやプリクラみたいなシールが用意されているのです。写真を買う金はない、しかし我が子のデータは残したい、という庶民はこのキーホルダーやシールを大量購入することになります。

ここで、「子ども嫌いで鳴らしていた友人が、子どもを産んだ途端我が子の写真入りキーホルダーを持っていた衝撃」の理由が判明しました。なるほどー、本当に買いたかったのはキーホルダーではなく、写真データだったのか。

私だって我が子は天使だと思っていますが、さすがにそんなキーホルダーをつける勇気はありません。なので、どうせ要るものなので年賀状を作ることにしました。

我が家が毎年頼んでたプリントパックさんとかに比べたらお高いですが、デザインによっては写真を3枚入れられるものがあり、キーホルダー3個分の働きをすることに

【コスプレした子供の写真年賀状を誰が喜ぶのか?】

【子無し時代、子供の写真入り年賀状を罵倒していたのではないか?】

という葛藤は勿論ありましたが、「親戚はわりと喜ぶんじゃない?」ってことで、あっさり決定。

 

結局、特典とかもあってデータ8点で2万弱。七五三の時期を外せばもっとお得だったみたいです。

子供の写真入り年賀状、友人に子供の顔を見せたいんじゃなくて、こんな理由もありますよってことで。